2017.1 松籟山


富良野を走っていると否応無しに目にはいるあの急斜面へ







スゲー悪そうな顔してる。
生きて帰ってこれるかな。

出発する前、シーズン初めに雪崩埋没体験したウッツーの体験談を聞いてしまい、不安にかられる。
(ちなみに黒岳マネキ岩斜面でスキーやザックなどを発見した方は連絡ください。
安心してください、人は埋まってません)





沢歩きもタイヘン。
さすがチキケン爺さんカラダやわし。
カラダだけがどんどん若返っていく・・・ベンジャミン・バトン・ケンチキ





先行者は2人らしい。
トレース拝借して沢を詰めていくと、デブリだらけ。
先日の荒天で相当雪崩がおきたらしい
雪不安定な日は入り込んではイケナイ沢。




近くから斜面を見上げると、遠くから見たのと全く印象が異なる。
崖有りシュート有りのまさに地形の宝庫。
好きなヒトにはたまらないマニアック斜面。
しかも雪崩痕跡多数のおまけつき。

頂上稜線は50m級の絶壁につきドロップはムリと判断、斜面を詰めることに。






横を向けば富良野西岳。







後を振り返れば富良野盆地





下を見れば急斜に激ジグ。

なるべく滑る斜面を傷つけないようジグウェーデルンで刻む。





そんなジグウェーデルンにシールが耐え切れなくなったエリー。
ちょっと内股で首をかしげて
必死にシールに命を吹き込もうとするが・・・・





努力の甲斐もむなしく、お決まりのの貞子スタイルへ。






そんなこんなで斜面上部まで登ったころ、ふと山頂を見上げると
崖のセッピから人が現れ、下降ルートの工作をしだしたのが見えた。
先行者2人が降りてくるのかなー
まあ、二人くらいなら斜面広いし問題ないなー
なんてタカをくくっていたら、
30分くらいかけて次から次へと人が現れ総勢10名くらいが現れた。
なんだか手品を見ているようだった。
紳士な我々は先行者優先のルールにのっとり、黙って団体が滑り終わるのを待つことに。
するとその団体のリーダーみたいな人が話しかけてきた。
どっかでみたことあんなーと思ったらNHKでデナリとか滑ってる有名人だった。
ツアーだそうです、こんなとこで。
ついてない、こんなマイナーなとこでツアーに出くわすなんて。
絶対人居ないだろうと思って、ナメた9時出発が敗因だった。
ちなみにツアーさん達は我々より3時間前に出発してたとのこと。




ギッタギター。
ファッキン!!

しかもツアー客2人が板を流し、ツボで下った足跡つき!





この急斜でギタギタを滑るのはツライ。
なのでムリして彼らが滑らなかったチョイデンジャーゾーンを滑った。
あーメインを滑りたかったな。



天気だけでなく、ツアーの動向も把握して計画をたてないとダメっつーことですかね。



Top Page
inserted by FC2 system