2015.4 富良野岳南東ボウル



前夜、北海道全体が暴風「雨」に見舞われた。
高山はガリガリ、低山は雨溝だらけが予想される。
こんなときのパウダーはプレミアム。
季節はずれのパウダーの価値は、鮭でいうならばトキシラズ、いや、鮭児級。

今日はこの幻のパウダーを当てる、絶対あてちゃるよ、と、太板のみ持参の背水の陣。



標高高いとこは雪降ってただろうよ、とアテにしてきてみました。
が、凌雲閣のエントリーですらアイゼン必要なほどのガリー
予想に反して標高高い谷間も超ガリー
どこを見回してもガリー
ストックもささらんガリー

こりゃヤベェぞ、ヤバイ気がする・・・





あまりのガリーにシールが効かない。
太板は意味をなさないのはもちろん、スキー板自体必要性がなくなってきた。
視界のない中、滑落に怯えながら前進。
何回も「帰りましょう」と喉元まで出かかる。
全てが選択ミスか、とうとうやっちまったか、とブルーモード。
本日は滑りはあきらめ、自分の主義に反した滑り無しのピークハントにすることとし、痛恨の板デポ。
しかも稜線は強風で視界無し。
アイゼン&ピッケル無しのワタシは小鹿のように怯えながら稜線をシクシク歩く・・・
なにが楽しくてこんなことしてるのかよ・・・・
家でファミコンでもしてたほうがよかったんではなかったのかよ・・・

すると・・・・





キター!!!!!
山頂近くまで来たら劇的に晴れたー
しかも裏側斜面にキセキのパウダー
慌ててデポした板を取りに行き、急いで舞い戻る。




北面はどこも一面ガリガリー
1ミリのパフもなし



だが、南面はふかふかパウパウ〜
なんすか、この差は

北面・南面の雪質の差もすごいが、太陽あるか無いかで気持ちの差も大きく変わった。
ヤル気マンマン、マン太郎!




晴れればこっちのもんだ、かかってこい、富良野岳の野郎!






晴れだしたら見る見る雪が腐りだしたので
急いでドロップイン





最近なぜか「モンスターエナジー」をご愛飲のチキケンさん。
アレには相当な利尿作用があるらしく、純白の雪を黄色に染めまくってたね。





滑る直前まで曇ってたおかげでパウが保存されてました。
ありがたや、ありがたや・・・

南面はとてもとてもデカくて長イ!
次回は原始ケ原まで滑りおりたい。




お帰りは登り返したあと、また北面に戻り、ガリー大斜面を大トラ。
ガリってるからトラバーも楽。
だがここは降雪後にも滑りたい。




こんなとこまでトラバってきました。

結局天気は快晴となり、強烈に日に焼けて終了。

なにやらものすごい優越感ゲッつ




Top Page
inserted by FC2 system