チトカニウシ1445m



「その、 日」


前の日、北見峠までわざわざ来たんだけど、悪天候で断念。
本日の天気予報は午前中無風の晴れ!!
コーフンしたのか朝の4時からチキケンさんがなにやらゴソゴソ起きだしてウルセー。
山小屋(ウッツーハウス)の朝は例のごとく早起きの爺さんによって強制的に訪れるのであった。




朝焼けを背負った大雪山。
ヤバイことになりそう〜

本日の目的地は昨日悪天候につき断念したチトカニ。
なぜそこまでして行かねばならぬかというと、
その昔、チキケンさんがチトカニにアタックしたとき、悪天候でメイン斜面を滑れなかったそう。
それ以来チキケンさん心にはポッカリ穴があき、むなしく、うつろで怠惰な毎日を過ごすことに・・・
寂しさを紛らわすために酒、女、バクチにのめり込み、挙句の果てにはetc・・・・

そんなチキケンさんの心の忘れ物を取り戻すために今日はチトカニに昇る!
心の友、ケンのために!



8時に北見峠到着。
先客はスノーシューのオッサン一人。
よっしゃー、ノートラ確定!
滑る斜面がめっちゃ見えてる〜
あそこだな、あそこにケンの心のカケラが置き去りにされてるんだな!



天気が良いと歩いているだけで気持ちいいものです。




近づいてきましたよー
西尾根は雪がついていないよう。。




昨日フレッシュな雪が降ったようでそれはもう最高のコンディション。




白滝天狗のほう。




天気がいいうちに滑りたいのではっちゃきこいて登る。
例のごとく何も情報を与えられぬまま北見峠くんだりまで呼び出し喰らったエリーゼと
アラフィフなのに気持ち悪いくらいに登るの早いチキケン。
板をカーボンにして更に速くなった。その余りある体力を世の中のために使っておくれ。




ニセイカ



手塩岳。
あ〜気持ちいい〜
ヤバイ、目的忘れそう



2時間30分で登頂。
山頂のみ爆風。
主役のチキケンさん、帽子しか写ってな〜い



ケンのドロップイン。
忘れ物を取り戻してきてくれぃ!

下界からの眺めと違って、上から覗き込んだメイン斜面は急斜で木が多くみえる。





滑ってみたらとっても広大斜面で木なんて1・2本しかなかった。
目の錯覚だったよう。。
しかもボウル状なのでいい雪たまってる。



標高差300のビッグ斜面!!
★★★★ヒャッホウ。
どうだい、ケェン、忘れ物は取り戻せたかぁい?

1100より下はちょっと険悪そうなV谷になっていたので降りるのをやめて100ほど登り返す。




穏やかな天気の中、穏やかな心で飯を食う。

「とても最高です。」
「仲間に感謝。神に感謝。自然に感謝。」
「みんなありがとう」
「いい一日でした。」

行けなかった人がSNS等で見てハラタツであろう言葉が口から溢れ出す。

ケンの目にも精気が戻ってきた、おめでとうケン!、ようやく自分を取り戻したようだな!



そして下山後、このカメラ小僧、もとい、カメラ爺達が何を熱心に撮ってるかというと・・・




自分らの滑った跡でしたー
ヒィヤッホウゥ〜



Top Page
inserted by FC2 system