白雲幻の湖&東岳超長斜面









プチ酒乱のN丸さん。朝っぱらから酒を求め温泉街へ。
お土産屋のおかみさんをたたき起こし無理やりビールゲットー。
リフト運休していることについてブーたれてます。



黒岳山頂経由するのは疲れるからやめて、前の週に調査済みの近道へ。
ほとんど崖。滑落したら谷底へ
ぐしゃぐしゃ雪が雪崩ていく音が不気味でコシる人続出。
コシる→ケツが引ける→転ぶ→滑落、という負の連鎖にN丸さんがはまる。
N丸さん木にひっかかって止まる。見ててめっちゃビビッ太ー
もうここには来ません。




デブリ沢!




ヤバイですね。ここ。




崖を降りて崖を登る。。




精神的に疲れたので休憩。
グミ雄さんのお昼ごはんはグミ!色とりどりのグミィ!




烏帽子の大ボウルを横切って・・・




すすめ、ススメ、白雲目指して進め・・・




晴れた〜 イヤッホ〜



ここまで6時間50分。
なにはともあれ白雲着いたんでトムラをバックにカンパ〜い。




今回目的の一つ、幻の湖。もうちょっとしたら消えちゃうとのこと。
とりあえず湖に滑り込んでおきます。
西日がとてもきれいでした。




白雲避難小屋。雪洞と違って楽チンだなー。
標高2000mでサクラマスの刺身を食べれるとは思わなかった・・・

夜中にケ○吉サンが寝言言ってて怖かった・・・
最初、ここに住みついてるピクシーとでも会話してるのかと思った。
会話の最後に「ウハハハー」って笑ってたけどなんなんすかね




翌朝。今日も晴れだー。
昨夜の残りの鍋を食べようとしたらなぜか大量のラードが入っていた。
ラードで口の周りがギっトギト。皆のクチビルがグロスを塗ったかのようにテカってる。




この雄大な風景写真に間違いがひとつあります。




東岳への道はいっとき雪が無くなっていました。




東岳山頂でマタ〜り。
ずーっとここにいたいな




この果てしなく長い氷河のような大斜面を滑りま〜す
標高差700m!オプタテ級〜




ドロップポイントまで行く途中、叫び声が聞こえ、振り向くとN丸さんの背が異常に縮んでました〜
おもむろに写真撮影してから救助に向かいます。
不用意に沢を歩くとこうなるってことを身をもって教えてくれました。
必ず何かやらかしてくれます、このヒト。




ドロップポイントに立つと足がすくむほどの斜面でぇす。



あまりの長さに足がプルプルで一発では滑りきれなかたよ。




なんとか雪がつながっててあざーす。

このコースは春の定番にしたい。




Top Page
inserted by FC2 system