エクストリームな南白老岳&白老岳

やってやったぜ〜感をゲトー。


またまた車中で笑いすぎ出発前に体力消耗




本日はF隊長が俺らを天国へ導いてくれるそう。
出発前、念入りにルートをチェゲラッチョ



隊長は非常時の食糧調達法まで伝授してくれた。松の芽がうまいとのこと。
良い子はマネすんなよ



南白老岳のウラ〜ラ〜。




隊長のおかげでなんとかコルまでだどりつきましたっス。



めちゃんこ急なうえ、ところどころガリーで、とてもスキーでは登れなかったのさ。




南白老から見える白老岳。楽しそうな斜面はナッシング



相当キレまっくた山頂付近の奥にはホロホロ徳瞬別が。



デブリ、亀裂、ガリガリ、ブッシュと色々なアトラクションが見えて、がぜんアドレナリンがドぴゅー
ん〜恐ろしや



まずはワタシが様子見でガクブルしながら滑り降りました。
無線でいいラインを伝えよう思ったが全てデンジャラス割れ目ちゃんありでどこにもセーフティはなし。
その結果、クラックを飛び越えざるをえない羽目に隊長&けんちきさんを陥れました。




ん〜デンジャラシィー



その後夏道の無い白老岳になぜか立派な標識があるとの情報がもたらされ見にいくことに・・・
山頂に近づくとやたら速くなるケンチキ。
逆に木の芽パワーが切れ、遅れがちの隊長。
疲れているけどゴージャスな標識を見るためなら頑張れる、と自分に言い聞かしながらケンさんを追う俺・・・



ジャ〜ン・・・
んっ?



まあ、山頂標識のことは水に流して、南白老岳を眺めながら達成感にひたりましょう。
しっかし尖がっててかっこいい山だなー。
ここから見ても急ですな



けっこう長く遊びましたね。



お決まりですが隊長はクスリを1.5リットル飲み干しご機嫌。

私はといえば滑った難斜面思い出し、やってやったぜ感に包まれご機嫌。。

たまにはええね、えくすとりーむ



Top Page
inserted by FC2 system