オプタテシェケらっちょ 2012m


巷で噂の大斜面を喰らうた〜めなら〜、オラがんばるよ


平面10kmあるんだなこりゃ




Fの荷物持ってみたらやたら重い
途中でヘタられたらせっかくの休日がぽしゃるんでテント却下。
わたしも辿り着けるか不安になりツェルト&水を捨てて背水の陣とする。
(でもビール5本、ウォッカ300、ワイン300は捨てられなかった)



暑い!→脱ぐ
脱ぐのいんだけどカラダに色々な道具をベルトで巻きつけてるからハードゲイ的なファッションになりつつある。
山頂で帽子飛んでったそうだから、今度買う帽子はポリス帽にしてくれたまえ。
そしてあんまり笑わせないでくれたまえ、体力消耗するから。



オプタテとフレディーマーキュリー



長〜い長〜いフラット歩きを4時間ちょっと。ようやくホテルに到着よ。
マウントビューの4人部屋。



めっちゃ景色最高〜 ウラ〜ラァ〜
明日はあの大斜面を滑ってやるもんね〜



ユナイテッドシネマ級のリクライニングチェアに座りながらオプタテ&トムラウシを肴にビルー。
鶏ガラからつくる鳥鍋がまたうまい!




はやりのチーズフォンデュ
話がすすむなか、我ら野郎3人がとある港町に住んでいたことが判明。しかも共通の知り合いがぁ〜
レイコちゃ〜ん



朝、呑みすぎか寝不足かわからんが頭が朦朧とするんで、お外で頭冷やしてると偶然ご来光に遭遇。
俺だけ拝んじまってスマン
腹減ったんで昨日の鳥鍋の残りでラーメン作ろうと思ったら鍋の中に雪の塊や松脂&葉っぱなどが入ってた。
たぶん酔っ払ってまた余計なことをしてしまっていたようだ。
犬飯よりまずい飯を食う羽目になった。グスン



飯くって出発。今日も快晴。そして暑い。また裸の大将いる。



斜面がでかくてでかくて。



下ホロがかっこいい



1000m登った。
頂上付近は断崖になっててめちゃ怖い。また高度感あるんで高所恐怖症のワタクシ足すくんで動けなくなった。



頂上。爆風。裸の大将の板が飛ばされた。ヤバかった。
片足で高度差800の斜面を滑るとこだったねぇ。見てみたかったけど。



なんか宇宙を感じた



道内でここよりでかい斜面はあるんだろうか。ってくらいでかい斜面。もちろん一気には滑れなかった。プルプルで。










帰りは超へばったけど、ここをクリアできたことでどこでも行けそうな気がしてきた。
なんか今シーズン毎週あたってますわ。。


Top Page
inserted by FC2 system